くろの雑記帳3 | 2020年01月

自分の時間の姿






自分の時間の姿をみているようだった

錆が広がっている


遅れも出てくるでしょう

止まったり 再び動いたりするでしょう

時には修理も必要でしょう

その「 時 」はどんな気持ちでいるのだろう




そして・・・どれくらい持つのかな












スポンサーサイト