くろの雑記帳3 | 2014年07月

傍観者のメモ

新聞は集団的自衛権の記事で占めている

昨日 仕事帰りにJR名古屋駅で某全国紙の新聞記者が私に近づいてきて
意見を求められた

けれど私はあなたと同業に近い職種なのでと言って断った

向こうから名刺を差し出してきたので私も出した
少し意見を述べ 書かないでねと言ってその場を去った





銃を人に向けること
どんなふうになればできるんですかね
テレビの伝える映像はゲーム感覚のようだ

若い頃 戦争の意味ってわからないから
一度 戦場に立ってみたいと思ったことがある
今も?

戦争・・・というより紛争か・・・


テレビの映像は規制からか
死体などはほとんど放映しない

・・・

銃を持つこと

それは撃てば自分の心も自分で撃たれるのかもしれないね







スポンサーサイト