くろの雑記帳3 | 2013年03月

傍観者のメモ

まだまだ振り返る日々・・・


・・・

ちょっと苦しいので ちょっと息抜きにメモ 言葉が悪いけれど 今の私にとっては息抜き・・・

以下 いつものメモ

尖閣 北朝鮮の核やら そして今日 韓国でのサイバー攻撃 またハニートラップのことやら
なんやら・・・やらやらやらといろいろ・・・


・・・・・・


aステンドグラス
名古屋市市政資料館のステンドグラス
元裁判所だったことから、公正な裁判を象徴する天秤をモチーフにしている


・・・


父の話

まだ官立高商学生の頃の話 兵隊になる前

船で故郷の中国 青島(チンタオ)に帰郷するには船を利用
7千トンぐらいの船で博多や長崎から青島まで帰っていたが
大東亜戦争が始まってからは なかなか青島には帰ることができなかったとのこと

大きな船は兵隊輸送用に使われてしまったから

戦争が始まってからは 韓国までのいく船にのり韓国から青島まで汽車で3~4日かけての帰郷
船の切符は頼んでもなかなか入らない また船がいつ出発するのかもわからない状況
時には神戸から出航することも

また商売で朝鮮・中国と日本を往復してる人に頼んだりした さらにその方の上海の家に
翌日の汽車発車までお世話になったりしたとのこと 父はまだ18才だったか


韓国まで小さな船で行くことは当時とても危険が伴う
乗客には救命具をつけさせられたとのこと
海面下にはアメリカの潜水艦が通るかもしれないから・・・
乗客はみんな船のデッキにいた 船室にいると魚雷が当たれば脱出できないから
いつでも海に飛び込めるようにとデッキにいる

尖閣やら竹島でも ひとたび紛争が起これば そのようになるのだろうね
北方領土も・・・




仕事帰りに寄るいつもの店でときどきかかっている
「Donna Donna」ジョーンバエズ



朝日新聞 3月12日朝刊から

「5,4,3,2,1 ファイヤリング!」

地中に埋められた不発弾の爆破処理
旧日本軍の爆弾も含まれるとのこと
こうした処理はほぼ毎日 行われている

場所はオーストラリア近くのソロモン諸島ガダルカナル島
太平洋戦争の激戦地 約2万人の日本兵が命を落とした

すべての不発弾処理を終えるには20年~30年かかるだろうとのこと

それだけではない
地元の人々がこの不発弾から爆薬をとりだし 違法なダイナマイト漁向けに転売する
闇取引はなかなか減らないとのこと

67年前の爆弾・・・





この曲もいつもの店でかかる 必ず「Donna Donna」の後に・・・
「風に吹かれて」この映像ではボブディランとジョーンバエズ






スポンサーサイト